笑びすや農園(三重松阪の市民農園)
カテゴリ:サービス
支払い方法:
商品説明
野菜づくりで人の輪づくり!心地よい風や、やわらかな土の薫り、太陽をいっぱい浴びた野菜に囲まれ、笑顔がつながる 笑びすや農園。
笑びすや農園とコラボレーションしませんか!三重県中の企業の方々にも参加して頂き、社員やその家族や取引先とも農園体験を通じて、良いコミュニケーションにつなげて下さい。心の健康には農業体験が良いですよ!
商品詳細
自然に触れ、自分で野菜を育てて収穫し、「愛情いっぱいのMy野菜」を味わってみませんか? 笑びすや農園は休遊農地を農園として活用し、単なる市民農園としての役割だけでなくその場所を地域の人たちと一緒に耕すことで、世代を超えて互いを想いあい、野菜と笑顔の収穫ができる農園づくりを行っております。 現代社会では、見逃され忘れさられがちになっている農業経験者の知恵と知識、力をお借りし、農に触れる機会の少ない子どもたちも一緒に農作物の種まきや収穫に携わることで、自然に昔ながらの知恵が次世代に引き継がれ、野菜の成長過程を楽しみながら自然と触れ合い、農の楽しさ、大切さを考え、旬の野菜を食することでココロも身体も元気になります! 野菜の育て方を教えていただいたり、草抜きをして日陰で一服しながらお茶を飲んだりと、世代を超え情報交換しあったり、共同で野菜を育てる「みんなの区画」もあり、そこで育てた枝豆を収穫し、その場で茹でて食べる収穫祭などは、笑顔あふれるイベントのひとつとなっており、ふれあい地域コミュニティの場ともなっています。 自然に触れること、自分のつくった作物を食べること、家庭でも職場でもない自分のもう一つの居場所“サードプレイス”を見つけること。21世紀は人やもの、自然とコミュ二ケーションをとることを楽しむ世の中になるでしょう。スローライフという言葉の“スロー”とは、触れ合うことを味わうことではないでしょうか。ものの豊かさよりも、こころの豊かさに価値が置かれる時代を迎え、コミュニケーションを楽しめる空間は、今後ますます人から求められる存在になってゆくはずです。 失われた大切なものを、もう一度、新しい方法で地域社会に取り戻したい。 生きがいや健康づくり、おもいやりの気持ちの創造はもちろん、自然に触れ、農を通じて人がココロ豊かな生活を過ごせるきっかけにしていただけるような市民農園。 そんな笑顔あふれる笑びすや農園をみなさんで一緒につくっていきませんか?
INUI KIYOKAZU OFFICEその他の商品
地元の三重県松阪市田村町で作った綿の木を使って、ユニークな雑貨を企画し、東京市場に向けて販売していきたいと思います。「綿姫」というブランドにして、東京の女性ターゲットに仕掛けて行きたいです。いずれは「綿姫」ブランドを松阪のローカルブランドにして、色んな松阪の商品を東京市場にPRして行ければと考えています。
三重県松阪市郊外にある黄色いパンダは、古い民家を改築したユニークな雑貨屋さんです。大西オーナーの女性目線で作られた味のある雑貨屋さん。ここは単なる物販店では無くて、地域のコミュニケーションの場です。買わなくても寛げる不思議な空間。黄色いパンダのような雑貨屋さんが増えれば、その地域が元気になります。多くの作家さんが商品提供をしていますので、東京市場にもPRしていきたいと思います。